米阪パイル織物株式会社

企業の歴史・特徴

1935年に織り工場として創業、1962年に米阪パイル織物株式会社を設立し、車輌用シート地(モケット)、毛布類、玩具用生地等を製造しています。

時を超え、変わらぬぬくもりをテーマに感性時代にこだわりを企業命題にYONESAKAはつねに新しい製品開発に取り組んでいます。「人から人へ こころのコミュニケーションを大切に考える」YONESAKA MINDで技術の縦糸にこころの横糸を織り込み、限りない新しいくつろぎのカタチを創出していきます。

製品について

製造されている車輌用シート地(モケット)は主に高級車や電車などで使われており、新幹線N700系グリーン車のシートにも使用されています。

毛布類は高級シール織毛布を中心に製造しており、百貨店や専門店などで販売されています。

お問い合わせ

所在地

  • 〒648-0086和歌山県橋本市神野々720