寺本パイル織物株式会社

企業の歴史・特徴

1960年 創立。織物の製造販売を開始。
1985年 導電性繊維を主材料とした織物の製造を開始。
1989年 寺本英樹が代表取締役社長に就任。
2007年 織物仕上げ加工の一つである、バックコーティング設備を自社開発。
2009年 ISO14001を取得。
2014年 地元企業と共同で「紀州F&K」を発足。

製品について

当初はアルミサッシの気密材、塗装用ペイントロール基材の織物を製造・販売していたが、導電性繊維を主材料としたプリンター向けブラシの製造に移行してきた。自社設備による織物一貫生産の構築をして、ブラシのアッセンブリまで事業を行っている。
地元企業と共同で織物ブランドを立ち上げ、地域活性化も目指している。

お問い合わせ

  • TEL / FAX0736-42-2231 / 0736-42-3376

所在地

  • 〒649-7202和歌山県橋本市高野口町伏原625