紀州繊維工業協同組合

青野パイル株式会社インタビュー

— 本日はよろしくお願いします。まずは、御社の特徴を教えていただけますか。

青野社長:
よろしくお願いします。
青野パイルは1961年に開業しまして、私で3代目になります。
当社は、シンカーパイルという編みが主力となっておりまして、シンカーパイル部門発足時から少しづつ展開していき、現在は設備も当時の倍以上に拡大しています。

— シンカーパイルの特徴を教えていただけますか。

青野社長:
シンカーパイルの名前の由来は、シンカー板という編み機の部材を使ったパイル生地という意味になります。
シンカーパイルだけでも様々な種類がありますが、パイル長が短く密度感があり、ソフトで伸縮性に富み、非常に薄く仕上げる事も出来るのが特徴です。
主な使用用途は衣服や小物等に多く使われています。

また、パイルをカットすることでシンカーベロア素材、起毛することでフリース調の素材にも出来ます。

 

— こちらの生地はよく見るパイル生地の触り心地ですね。

青野社長:
こちらは有名メーカーのルームウェアに使用していただいてる生地になります。
薄い物から厚みのある生地まで様々な種類があります。

ルームウェア

青野パイル:
今後はシンカーパイル部門の内製化をさらに進めており、アパレルウェアはもちろんですが現在でも一部使用しただいている産業資材部分等、広い分野で使用していただけるような提案をしていきたいと思っております。

— 本日はありがとうございました。

注目記事

妙中パイル織物株式会社インタビュー
妙中パイル株式会社インタビュー
青野パイル株式会社インタビュー
青野パイル株式会社インタビュー
米阪パイル株式会社インタビュー
米阪パイル株式会社インタビュー